2011年の日台オープンスカイ協定でチャーター便規制が撤廃され、台湾人がこれまで知らなかった日本の地域を続々と訪れている。
インバウンド客増加に直結するチャーター便について、旅行業界誌『TTN旅報』のベテラン記者が、その種類や就航条件、実例など、あらゆる角度から徹底解説する。
2020年1月17日

【第2回】チャーター便実現のための前提条件

チャーター便を実現するのに必要な条件は様々です。複数の条件が同時に求められることもあれば、時にはひとつの条件のみで成立する可能性もあります。多様な評価・判断が交錯するその過程は、非常に複雑なものとなっています。今回は、その条件についてお話しします。

2019年12月13日

【第1回】チャーター便の種類

2011年に日台航空協定が改定され、オープンスカイ(航空自由化)協定が締結されて以来、日台間の扉が大きく開きました。それまでの規制が大幅に撤廃されたことで、台湾からの定期便就航地は、当初のわずか9か所から、驚くべき速さで現在の27か所にまで増加しました。オープンスカイにより、台湾からのチャーター便についても自由度が上がり、台湾市場の需要に後押しされるかたちで、訪日チャーター便の運航は増加しています。