2020年1月30日

【百威旅行社】広告費に月600万元を投じ、200本近いツアー商品造成を目指す

――ホールセラーでもある御社ですが、ツアーに参加するお客様はどういう割合ですか?

弊社に直接お申込みされるお客様が8割、同業他社からが2割ですね。同じツアーに参加しても、申し込んだ会社によって値段や特典が違う場合もありますが、弊社ではすべてのお客様に同じサービスを提供しています。

2020年1月10日

【喜美旅行社】ミニバン貸切の小回りのきくツアーで、今後の狙いは「体験型」「秘境」

――日本旅行商品における御社の特徴はどんな点でしょうか?

弊社のツアーブランド「グロリアツアー」は30年以上、日本へのアウトバンドツアーをホールセール中心に手掛けてきました。募集型ツアーに代表される大型バスでの大人数での移動ではなく、6~8名乗りのバンを貸切っていただき、ご家族や同僚など気兼ねない関係の方だけで旅行を楽しんでいただいています。モデルコースはありますが、比較的、自由度が高いと思います。

たとえば、

2019年12月20日

【大榮國際旅行社】「誰と行くか」を大切に、著名人が体験する施設のPR動画を自社制作

――御社のオフィスは若い方が多く、とても活気がありますね。

30代半ばから40代前半が中心です。私も43歳です。それに50代の社員もとても気持ちが若いんですよ(笑)。弊社は若い社員が能力の発揮できる会社です。私がアクティブなので、部下たちにもそうなるようにトレーニングしてるんです。

2019年12月16日

【東南旅行社】1500名のセールス部隊と、勤続60年の大ベテランもいる老舗の強みはバリエーション力

――日本旅行商品における御社の特徴はどんな点でしょうか?

弊社は、ほぼ同じ行程のツアーを、2~3種類用意しています。食事やホテル、そして行く先をほんの少し変えて、金額が違うものです。お客様がどれに集中するかを試しているんです。もしABCと3種類あって、Bの人気が高ければ、その後はBのツアーに絞り込んで販売します。こうして、稼働率でお客様の日本旅行への傾向をキャッチしています。この方法は「言うは易く行うは難し」で、なかなかできることではないと思います。